【お盆明けの体育】炎天下に水風船。

2020年9月1日。

昭和生まれ、平成育ちで、公立の小中を卒業した俺にとって、2学期の始まりは9月1日だ。

でも、現実は2学期が始まって2週間経っている。

コロナの関係で行えなかった授業を取り戻すべく、夏休みを削って授業を敢行するリアル。

8月の中頃に授業をしてみて気づいたことがある。

それは何か?

暑い。

暑すぎる。

いや、「これ、ホンマできる?」ってマジで100回ぐらい呟いた。

2学期の授業は「サッカー」

キック&ダッシュ。

男子高校生はボールとゴールを用意すればパブロフの犬のように走り回るだろう。

でも、それでいいのか?

「これだけ暑ければ、体のことを留意して運動量や運動強度を調整するべし」

ということを授業を通して勉強すべきでないか?

かといって、教室で体育理論なんぞをやってもブーイングを喰らうだけ。

プールなき本校において、この炎天下の授業はじめをどのようにして切り抜けるべきか。

暑さには水!!

プールがないと言っても、暑さ対策には「日陰」か「水」しかない。

あいにく、体育館は他学年に取られている。

残すは「水」。これしかない。

  • 全員できる
  • 用意できる
  • 怪我しない

この要件を満たすもの。

あるのか、ないのか。

いや、あれがある。

あれしかあるまい。


出ました。

そうです。水風船。

40人学級×6クラスの授業をあずかる自分にとっては37×6束はありがたい。

楽天ポイントを投入し、2セット購入。

37×6束×2=444。

流通の素早さもあり、職員会議の司会をしながらポチった次の日には商品到着。

即実戦投入してみることに。

この段階では、どんな授業展開にするのか決めてないのが恐ろしい。

実戦!!

結論からすると、大成功。

大いに盛り上がり、熱中症ゼロ(そりゃそうだ)

周囲の他学年からの羨望の眼差し。

そして、真似する先生も登場。

これぞ完全勝利。

どのように授業展開したのか。

まず、大きく2グループに分けて「フットサル」と「水風船」を交代で行う。

フットサルは3分という短い試合時間を交代しながら繰り返すようにした。

(試合がないときは積極的に日陰に入り、水分補給。)

水風船は「水風船キャッチ」というシンプルなゲームを行った。

〈ルール〉

  1. ペアを作る
  2. はじめは1mの距離から水風船を投げ、キャッチする。
  3. 成功するごとに徐々に距離を広げていく。
  4. 10m離れた状態で往復できたら、プレミア点ゲット。

至極単純なルール。

単純なので面白い。

キャッチして歓声。

ミスして歓声。

代えのパンツを用意させといて正解だった。

恐ろしいほどの水浸し。

昼休みに制服で汗だく砂まみれでサッカーをする男子高校生にとってはこんなもの屁でもない。

炎天下の中、水風船を投げ合う高校生。

おかしいのはこんな時期に授業する方である。

まあ、二度とすることはないだろうが生徒にとっても、自分自身にとっても思い出に残る授業となった。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

あしたからも生徒のために汗をかきましょう

スポンサーリンク