【スマホ便利】体育祭と研究授業と修学旅行を控えて

未分類

2020年10月。

新型コロナウイルス感染症の影響で行われた休校措置が解除されて半年が経つ。

決定的な解決策はなく、とりあえずマスクと手洗いなど「新しい生活様式」のもとここまで授業を行ってきた。

高校2年を担当している。

この学校の場合、高2は行事で忙しい。高3は受験一色のため、行事を仕切るのは高2になる。

コロナの影響で2学期にスライドになった行事予定。

先日、文化祭が終了したが、もうすぐ体育祭。さらに1ヶ月後に修学旅行。

コロナ対策も行わないといけないので、これまでの焼き回しは通用しない。

すべてゼロから組み直し。

そんな中で研究授業も今年はやることになっているのでもう一仕事。

「あ」に濁点つけて大声で叫びたい。

そうしなければ自分が保てない。

何度も何度も何がなんだかわからない状況になりそうになる。

そんな時に役立ったのはスマホだ。

AndroidとGoogleカレンダー超便利

Googleカレンダーで行事ごとに色を変えて当日から逆算した予定管理。

to doリストをGoogleカレンダーで同期。

ポストイットをデスクに貼り付けるだけでなく、専用アプリで撮影してスマホのウィジェットに表示。

もう手書きではなくデジタルで管理して、スマホ、タブレット、PC で同期する。

これでかなり頭が整理されたことは間違いない。

自分はMacBookとiPadを使いながらスマホはAndroid。

このAndroidに本当に助けられている。

カレンダーの予定まで常に開いたままにできるAndroidOSがなければどうなっていたことか。

IOSみたいに予定のある日だけ赤丸で印があるなんて使えないんです。

メールアプリもオールインワン

学校のメールはMicrosoftのoutlook

私的なメールはLINE、メッセージ

メルマガや通知はGmail

普段使っているのはこんな感じである。

これも、スマホ内で完結するし、通知のところで短文を送り返せるようにもなった。

とにかく、忙しいからこそメールの類はすぐ目を通し、返信し、取り掛かる。

このスピード感が大事である。

キャッチボールはテンポが命。

この時期にスマホのメール機能のありがたさを痛感した次第である。

管理職との話はすべて録音

管理職ともよく話をさせてもらった。

基本的に気軽に話できる相手ではないので

「あれ、なんて言ってたかな」とか

言った、言ってないの問題に発展しないように

すべての会話を録音。

これもスマホあれば楽勝ですね。

内容をまとめるのに役立ちました。

でも、管理職の声をイヤホンで聴くのは健康上よくないということも同時に理解しました。

内容そのまま、声色変化させられる機能が標準化してほしい。

結局のところスマホなしに仕事できない

手書きのパワーは知っている。

だからこそ、去年まではガラケーでやってきた。

でも、スマホを持ち始めて1年。

スマホなしの生活は考えられない。

「予定」「メール」「録音」

人間関係の縮図のような機能がオールインワンなのは怖い。

でも、それとどう向き合っていくかが現代人なのだろう。

スマートウォッチ否定派な自分であるが、

つけ始めたら1年後には「超便利」というブログを書いているだろう。

もうすぐくる3つのイベントをなんとか乗りこなしながら、

疲弊せずに乗り切りたい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

あしたからも生徒のために汗をかきましょう。

スポンサーリンク