【京大サッカー部部員ブログ】女子マネージャー論争を再考する

おはようございます。ホケンタイイク246です。

今朝、ツイッターのタイムラインに京都大学サッカー部の部員ブログが話題になっていました。

ブログを読ませて頂き、内容に完全同意しました。当事者意識をもって取り組むこと、自分の立場でできることを模索し本気で取り組む。それが間接的であってもチームの力となり勝利に貢献することができる。その勝利はチームの勝利であり私の勝利でもある。その通りです。なにも言うことはありません。

でも、なんだか引っかかります。

「これ、おにぎり握った女子マネージャーと何が違うのだろう?」という疑問です。

https://diamond.jp/articles/-/57793

春日部共栄野球部では、体力強化のために練習中におにぎり5個を食べるということで、女子マネージャーが握っていたことが話題となり、大論争となりました。

そのときの世間のムードとしては「賛成派は女性を下に見ていて、男性をサポートするものだと考えている」という女性蔑視のムードであったように思います。おそらく生徒自身が握るか、保護者が握ったものであれば文句はなかったのでしょう。

京都大学サッカー部のマネージャーも春日部共栄の野球部マネージャーもチームの勝利を「当事者」の意識をもって取り組んでいることは同じです。

でも、好意的に受け入れられている人もいれば、非難される人もいる。

この差はどこにあるのでしょうか。

端的に「多くの人の目に触れているかどうか」でしかない。

この2人に違いはありません。素晴らしいの一言です。

しかし、「全員に好意的に受け取ってもらえる人はいない」というのが世界の真実。

1万人に読んでもらうのか、1000万人に読んでもらうのかで批判される確率は大きく変化する。

それに好意的な意見より批判の方が拡散力が高い。正論の顔したお節介でしかないのだが、「女性蔑視だーー!!」と言えば批判されずに良い人面できるので、どんどん批判が膨れ上がっていったように思います。

  1. ブログと新聞社の記事の影響力の違い
  2. 大学サッカーと甲子園の注目度の違い

この2点が拡散力に差を生み、賛否の違いになっていたのではないかとおもいます。

正直うんざりするのですが、そんな社会を変えるのも教育のひとつ。

  • 自分で考えて「自主的に行動する」こと。
  • 安易に人を非難しない。考えて発信する。

外野の声ではなく、自分がやりたいことを考えて全力で取り組む人生にしてほしい。

どの場所であっても、自分が本気を出せることがなによりも素晴らしい。

そんなことを伝えていけらいいと思いました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

明日からも生徒のために汗をかきましょう!!

スポンサーリンク